勃起時間を継続する「呼吸方法」

呼吸方法

 

「交感神経」は、緊張している場合に働く神経で、

「副交感神経」はリラックスしている時に働く神経です。

 

この「交感神経」と「副交感神経」からなる自律神経によって、

男性の生殖器の働きは調整されています。

 

勃起の抑制・射精は「交感神経」の働きにより起こり、

勃起は「副交感神経」の働きにより起こります。

 

つまり、勃起をするのには、

「交感神経」よりも、「副交感神経」が優位に立っている必要があります。

参考:「交感神経」と「副交感神経」の働きがEDに与える影響。

 

ですから、勃起時間を継続するためには、

「副交感神経」をうまく働かせればいいのです。

 

では、どのように「副交感神経」を働かせるのかと言いますと、

それが呼吸法によって可能になります。

 

その呼吸方法とは・・・

「鼻から一気に息を吸って(1〜2秒)、おなかに力をいれてゆっくりと口から息を吐く(約10秒)」方法です。

この呼吸方法は、深呼吸のような感じです。

これだけで、勃起時間は持続します。

 

なぜならば、

息を吸っている時は、「交感神経」が優位になりやすく、

息を吐いている時は、「副交感神経」が優位になりやすいからです。

要するに、息を吐いている時間を増やすのです。

 

「深呼吸」をしている時に、リラックスすることが出来ることを

感じたことがある人もたくさんいるのではないでしょうか。

リラックスすることは、勃起に必要不可欠ですからね。

 

注意点としては・・・

「鼻から息をすうこと」だけは、必ずやってください。

息を吐くのは、口からでも鼻からでもOKです。

 

だまされたと思って一度、やってみてください。

この効果の確認方法としては、自慰(オナニー)をする時に、

この呼吸方法をすることです。

 

その違いが分かると思います。

 

この方法で、勃起時間が増えたり、

中折れがなくなった人もたくさんいますからね。

コメントを残す